結婚指輪・婚約指輪のおすすめ店舗ランキング > お役立ちコラム > 結婚指輪で金属アレルギーを起こさないためにはどうすれば良い?

結婚指輪で金属アレルギーを起こさないためにはどうすれば良い?

金属アレルギーの方必見! 結婚指輪で安全な素材とは?

金属アレルギーの方にとって結婚指輪の素材選びは重要な問題。
素材によっては、肌がかぶれてしまい、せっかくの指輪を身につけられなくなってしまう可能性も。
そうならないためにも、金属アレルギーの方でも身につけられる結婚指輪の素材についてお伝えします。

金属アレルギーの方でも身につけられる結婚指輪

○そもそも金属アレルギーとは?
金属が原因で起こるアレルギーのこと。
かゆみや発疹、水疱などのかぶれの症状を起こします。
指輪だけでなく、ピアスやネックレス、腕時計などの貴金属に反応して症状が出る人もいます。
自分が金属アレルギーかどうか分からない方はパッチテストを受けることでどの金属に耐性があるかを確認できます。

○金属アレルギーを引き起こしにくい素材
1.チタン
医療現場でよく使われるチタンはカラーバリエーションが豊富なこともあり結婚指輪の素材としても用いられています。
硬くて丈夫で傷みにくいため、普段使いにもおすすめです。

2.ジルコニウム
光沢のある銀色の金属で、見た目はプラチナとほとんど同じです。
医療現場でも使われており、化学薬品や環境に対しても優れた耐食性を持っています。

3.イリジウム
希少性が非常に高く、大変高貴な金属です。
取り扱っているショップも少ないため、他のカップルとは少し違った指輪を身につけられます。

4.ステンレス
錆に強く、硬くて傷みにくいリングです。
特にサージカルステンレスはメスなどの医療ツールにも使われているため金属アレルギーの反応が出ることはほとんどありません。

5.木
金属アレルギーが心配ならば木製のリングを身につけるという手もあります。
カエデ、ピンクアイボリーなど種類によって色味や触感も色々あるので、ぜひお店のスタッフに相談してみてください。

○もし金属アレルギーが出てしまったら
上記は比較的金属アレルギーが出にくい素材ですが、金属アレルギーには個人差があるため、すべての人に症状が出ないとは限りません。
万一症状が出てしまった場合は、早めに専門医に相談しましょう。
また金属アレルギーは汗と金属が接触したときに発症しやすいといわれています。
それなので運動する前や夏場は外すなど心がけましょう。

金属アレルギーでも結婚指輪は作れる!

金属アレルギーがひどいから結婚指輪は無理、と諦めていた人もいるかもしれません。
しかし現在は金属アレルギーの方向けに様々な素材が指輪の原料として使われています。
心配な方はお店のスタッフに伝えれば、比較的アレルギーが出にくい素材をすすめてもらえますので気軽に相談しましょう。