結婚指輪・婚約指輪のおすすめ店舗ランキング > お役立ちコラム > ゴールドの結婚指輪は傷になりやすい?おすすめの素材とは

ゴールドの結婚指輪は傷になりやすい?おすすめの素材とは

ゴールドの結婚指輪は傷になりやすい?おすすめの素材とは

結婚指輪はどんな素材のものにしたいですか。女性の中には、普段つけ慣れていることもあり、結婚指輪もゴールドにしたいと思う一方で、傷になりやすいのではと心配されている方も少なくありません。
この記事ではゴールドの結婚指輪の善し悪しや、結婚指輪におすすめの素材についてご紹介していきましょう。

100%の純金は繊細で傷つきやすい

金はプラチナに次いで人気が高い素材ですが、その純度が高ければ高いほど柔らかく、日常生活の中で傷がつきやすくなります。

そのため、金のアクセサリーは、金と他の金属を混ぜて作ってあるものがほとんどです。

では、どれほどの割合で金が含まれているのでしょうか。金の純度の表示の仕方をご紹介しましょう。純度100%の金は24Kと表されています。18Kは18/24、75%が金となります。結婚指輪として使われるのは18Kや14Kが一般的です。金以外の割合の部分に、銀や銅などを混ぜ合わせることによってイエローゴールドやピンクゴールドなど、さまざまなバリエーションの色を作り出すことができます。

金は、低すぎると金以外の金属が酸化して変色しやすいという一面もあります。そのため、結婚指輪を手作りする際は見た目の好みだけでなく、その素材の持つ特徴や純度を考えて選びましょう。

金は変色しやすい?

結婚指輪の素材の定番のひとつに金がありますが、変色のしやすさについてご存知ですか?

24Kの純金であれば変色の心配はほとんどないのですが、18Kや14Kの場合、金以外にどのような金属が含まれているかによって、変色のしやすさが変わってきます。

たとえば、銀が含まれている場合は、硫黄温泉では変色する恐れがあります。銀と硫黄は化学的に結合しやすく、硫化銀になってしまうためです。ゴールドリングを購入する際には、銀がどの程度含まれているのか、温泉に入る際の注意点などを確認することが重要です。他にも、空気中に含まれる成分や、汗の成分などが反応して変色を起こす金属が合わせられていることもあるので、金の結婚指輪を購入する際には、お店の方に注意事項を詳しく確認しておきましょう。

イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドの強度

安定した人気のイエローゴールド、かわいらしいピンクゴールド、落ち着いたホワイトゴールドなど、金の結婚指輪にはさまざまな種類があります。それぞれの人気のポイントや強度をはじめ、お手入れの注意事項などをご紹介していきましょう。

イエローゴールドは、金のほか銀・銅を混ぜた合金で、変色にも強い素材です。プラチナと同程度の硬度があると言われているので、日常使いにも安心して着けていられることができます。

女性に特に人気が高いのがピンクゴールドです。プラチナがメインで、一部分だけピンクゴールドを用いたコンビリングも人気があります。ピンクゴールドはイエローゴールド同様に強度が強く、耐久性があるのが特徴ですが、素材が硬い分、加工がしにくくサイズ調整が難しい場合もあります。

ホワイトゴールドは変色や変質には強い素材ですが、白い色合いにするためにロジウムメッキなどを施してあることが多く、長期間使用するうちにこのメッキがはげて地金が見えてしまうことがあるので、こまめなメンテナンスが必要になります。

いずれのカラーのゴールドにおいても、美しい状態を保つためには、入浴や家事の際には外したり、定期的にメンテナンスに出したりといった、こまめなお手入れを心がけましょう。

ゴールド以外に結婚指輪におすすめの素材は?

結婚指輪の定番素材のプラチナやゴールドは「デザインや加工のしやすさ」「変質、変色のしにくさ」「変形のしにくさ」といった指輪の素材として必要な要素のバランスが良いことから選ばれています。しかし、プラチナかゴールドでなければならないというわけではありません。

定番のプラチナやゴールドだけでなく、最近では、金属アレルギーを起こしにくいものや、丈夫なもの、低価格なものなど様々な種類の素材が結婚指輪には用いられています。また素材を組み合わせることも可能で結婚指輪の素材の選択肢が広がります。

軽くて身に着けやすい上に比較的低価格だということで選ばれている金属としてはパラジウムが挙げられます。安定性が高く、金属アレルギーを起こしにくいものとしては、チタンが注目されています。耐久性が高く変色しづらいステンレスなどを用いたものも最近では人気があります。

金の純度と色で選ぶ

ゴールドの結婚指はイエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドなどのバリエーションが豊富です。強度については、純度によっても異なります。長年にわたり身に着けるものですから、生活スタイルに合わせて素材からこだわって指輪作りを楽しんでみましょう。