結婚指輪・婚約指輪のおすすめ店舗ランキング > お役立ちコラム > あとから後悔しないために知っておきたい結婚指輪の幅に関する知識

あとから後悔しないために知っておきたい結婚指輪の幅に関する知識

後悔しない結婚指輪作りには幅が重要?

結婚指輪は一生に一度のものであり、毎日身に着けるものです。後から買いなおすことも難しいので、不満や後悔のないものを選ぶことが大切です。

あとから後悔しないためにも知っておきたい結婚指輪の幅についてご紹介していきます。

結婚指輪の幅までこだわって選びましょう

〇結婚指輪の幅の平均は?
結婚指輪を選ぶ際、デザインも重要ですが、指輪の幅も重要な要素になります。細い指輪か太い指輪かの違いで指に対する印象も変わってくるため、指の太さによって似合う指輪の幅が違ってくるのです。

平均的な結婚指輪の幅は2.5mm~3.5mmですが、指の骨格が細く華奢なタイプの女性は幅の太い指輪をすると違和感があることが多いので、細めの幅の指輪がおすすめです。

反対に、手や指が大きめの女性には幅の広い指輪がフィットします。細い指輪がだめだということではありませんが、あまり細い幅の指輪にすると場合によっては指が太く見えてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、指が長い方は幅のある指輪が似合い、指が短めの方は幅の狭い指輪が似合うという傾向もありますので、指の太さと長さのバランスで指輪の幅を選ぶとよいでしょう。

「指輪のデザインは気に入っているのに実際につけてみたら自分の指に似合わない」ということにならないよう、大切な結婚指輪を選ぶときは、デザインだけでなく自分の指に合う指輪の幅も確かめてみましょう。


〇幅が太い指輪のメリットとデメリット
結婚指輪を作る際、細いデザインにするか、太いデザインにするかは悩むところです。太い指輪のメリット・デメリットについて考えてみましょう。

太いデザインの良いところといえば、真っ先に失くしにくいことがあげられます。また、万が一に落としても探しやすいということがあげられます。また、地金の種類によらず、変形しにくく、高いデザイン性が求められるというメリットもあります。しかし、今まで指輪をしていなかった方などは、急に太い指輪をすると違和感を感じてしまう方や、重さを感じてしまう方もいます。きゃしゃな指の方には指輪だけが妙にめだってしまうということもあります。また、指輪が目立つので、TPOによっては指輪をしたままでは失礼にあたる場合があり、そんな時は指輪を外す必要もあります。


〇幅の太い指輪はサイズ合わせが難しいが、デザインの幅が広がる
以前は、結婚指輪は細い物というイメージが強かったのですが、最近は幅の太い結婚指輪も増えています。太い結婚指輪は装飾を施せる幅が広くなる事で、裏側に入れる刻印や指輪の模様など、デザイン面で自由が効く為、華やかさを演出が可能です。また、手の大きい方や指の長い方には、太めの指輪の方が装着した時にバランスよく映ります。

一方で、太めの指輪はサイズ合わせが難しい事や、重みで指への負担や違和感が大きい事があげられます。仕事によっては手作業を行う時に邪魔になる事もあります。また物に当たる面積が広い為傷がつく機会も多く、見た目にも傷が目立ちやすい場合もあります。


〇幅の細い結婚指輪は刻印の文字が限定される
幅の太い結婚指輪が増えてきている一方で、細めの結婚指輪は根強い人気があります。幅が細めの結婚指輪についてメリットやデメリットをご紹介してきましょう。

細い結婚指輪が人気である理由のひとつに、シンプルさや無難さがあげられます。ある会社の調査では回答者の過半数を超える人が「シンプルな指輪がいい」と答えています。デザインに特殊性が無いので飽きを感じることありません。

また、細い指輪は女性の指がきれいに見え、女性の上品さを際立たせてくれます。派手さがないため、冠婚葬祭や仕事など、どのようなシチュエーションで着けていても場違いな感じはしません。指との接触面積が狭く、着けていることに違和感がないので、ジュエリーはあまりつけないという方にとっても、付け心地面で負担を感じずにつけられます。

またデザインがシンプルであるため、他の指輪と重ね着けしても、相性という点では全く問題ありません。最近では婚約指輪などとの重ね付けも流行っています。中には、はじめから婚約指輪と結婚指輪を重ね付けすることを前提につくられているセットリングもあります。

ただ、細いということは、サイズ直しや変形の修理などがしにくいという面があります。また幅が細いため、多くの刻印は入れることはできません。

指やライフスタイルに合った幅の指輪を選ぼう

結婚指輪は一生ものの大切な指輪です。ですから、後悔しないためにも、じっくり選ぶことが大切です。イメージしていた指輪が必ずしも似合うとは限りません。ライフスタイルや付け心地、などを考慮して、あなたに合った結婚指輪を作りましょう。