結婚指輪・婚約指輪のおすすめ店舗ランキング > お役立ちコラム > ダイヤは何カラットくらいが普段使いしやすいのか

ダイヤは何カラットくらいが普段使いしやすいのか

ダイヤは何カラットくらいが普段使いしやすいのか

ダイヤモンドは女性の憧れともいえる宝石です。せっかくの婚約指輪や結婚指輪は、予算さえ許すなら、大きなダイヤモンドの指輪を選びたいと考える女性も多いのではないでしょうか。
しかし、もしその指輪を普段使いするご予定なら、日常生活の中では大きすぎるダイヤモンドは不便な場合があります。では、普段から身に着ける指輪としてはダイヤモンドは何カラットぐらいがよいのでしょうか。

ダイヤモンドは普段使いしても傷がつきにくい宝石

結婚指輪を普段から身に着けていると、どうしても日常生活のなかで傷がついてしまいます。傷対策としては、傷が付いても惜しくない値段のものを買う事か、傷の付きにくいデザインや素材を選ぶことです。

しかし、指輪で傷がつくのはどの部分なのでしょうか。実は、ダイヤモンドは宝石の中でも最も硬度があり、日常生活で傷がつくことはあまりありません。指輪の金属部分は傷ついても、ダイヤが輝いていればそちらの方に目が行くので、アームについた傷は目立ちにくいともいえるでしょう。

また、ダイヤモンドは、化粧品や洗剤などの薬品が触れたり、日光にさらされたりしても、変化は起きることはありません。
しかし衝撃や薬品には強いダイヤモンドですが、油には弱いという性質があります。そのため、指で触れると皮脂が付くため、定期的なメンテナンスは必要となります。ダイヤモンドを購入する際は、アフターサービスの内容も考慮してお店を選ぶとよいでしょう。

爪があるタイプは普段使いしにくいのでベゼルセッティングがおすすめ

デザインやダイヤモンドのカラー、カラットなど人それぞれ選ぶ基準は違います。後悔しない選び方として、どのようなものが普段使いしやすいのかを考えてみましょう。

どのようなものがよいのかを考える前に、まずは、どのようなデザインがあるのかを確認しておきましょう。ダイヤモンドの指輪といえば、爪があるものが一般的でありますが、爪があるタイプでは、服や家具などにひっかけやすいので、日常使いでは不便だと感じる方もいます。
そのため、なるべく長い間使用したい方については、埋め込みタイプのベゼルセッティングがおすすめです。これは地金の輪でダイヤを囲うデザインです。

普段使いするなら0.2カラット以上を目安にしよう

女性であれば、ダイヤのついた指輪に憧れがあります。お洒落で気品のある、そして、いつも手元でさりげない輝きを放つダイヤの指輪は人気があります。しかし、ダイヤが大きければ大きいほどよいというというわけではありません。

実際、婚約指輪としては、0.2カラット〜0.3カラットが好まれています。結婚した後は、婚約指輪にかわって、常に結婚指輪を付けるので、婚約指輪を使うシーンは限られてしまし、お洒落をして出かけたい時、嬉しい時、お祝い事への出席の時に婚約指輪をつける方が多いからでしょう。

婚約指輪のダイヤが少し大きめで、ひっかかりが気になることがある方も、0.2カラットなら、ひっかかることもなく、普段使いできます。そして、結婚指輪を婚約指輪と重ね付けするのもよいでしょう。お互いが大きさの違いを引き立ててくれます。

小ぶりのダイヤでも、指輪のデザインでいろいろな表情にすることができます。ダイヤを3つつけたものや、0.1カラットの小さいダイヤを周りに並べたもの、指輪の周りにダイヤを埋めたものなど、いろいろ好みに合わせてデザインを選べます。

また、0.2カラットのダイヤとなれば、鑑定書も付いているので安心です。普段使いもでき、気品のある、すてきな指輪として、0.2カラットのダイヤの指輪は一番の人気サイズです。

エタニティを選ぶ女性もたくさん

指輪の種類にエタニティリングと呼ばれるものがあります。エタニティとは英語で永遠という意味です。エタニティリングは指輪に同カット同サイズのダイヤモンドが、ぐるりと一周途切れることなく並んでいるデザインで、その途切れることの無い形からエタニティリングは『永遠の愛の象徴』と呼ばれています。

元々エタニティリングは、夫から妻へ誕生日や結婚記念日などにプレゼントするもの、といったイメージがありました。しかし、ダイヤモンドが日常で邪魔になりにくいデザインなので、最近では普段使いもできるエンゲージリングや華やかなマリッジリングとしてなど、婚約指輪・結婚指輪のどちらとしてでも使うことができるブライダルリングとしても選ばれています。

婚約指輪や結婚指輪におすすめのダイヤモンドのサイズ

婚約指輪や結婚指輪のダイヤモンドは、大きければ大きいほどよいというわけではありません。普段から身に着けたい方にとっては、大きすぎるダイヤモンドは引っ掛かりやすいので不便な場合があります。しかし、鑑定書もついてくるサイズである0.2カラットであれば、普段使いにも便利なサイズです。また、日常的に使いやすいデザインなどもありますので、指輪をいつつけたいのかという具体的なイメージをしながら、ダイヤモンドのサイズを考えるだけでなく、デザインなども検討して手作りの結婚指輪をつくりましょう。