結婚指輪・婚約指輪のおすすめ店舗ランキング > お役立ちコラム > 傷が目立たない結婚指輪のデザインとは

傷が目立たない結婚指輪のデザインとは

傷が目立たない結婚指輪のデザインとは

結婚指輪は毎日身につける指輪です。ですから、家事や育児、買い物などの際に、どうしてもぶつけたりひっかかったりして傷が入ってしまいがちです。
せっかくの愛の証の結婚指輪が傷だらけにならないために、傷が目立ちにくい結婚指輪のデザインについて考えてみましょう。

細いリングは面が少ないので傷が目立ちにくい

結婚指輪を選ぶポイントのひとつに、アームの太さがあります。有り体にいえば、細い指輪か太い指輪か、ということです。細いリングと太いリングでは、どのような違いがあるかご存知でしょうか?その違いについて検討してみましょう。

市販の指輪は、0.5mm刻みのリング幅で作られているものが多くあります。
一般的に結婚指輪に選ばれることが多いリング幅は2.5mm。2.0mmではやや華奢な印象になります。一方、程よい存在感が出てくるのは3.0mm以上です。

個性的なファッションリングなら太さ10mm程度のものもありますが、ジュエリーショップで購入する幅広の結婚指輪の場合、5.0mmを超える太さのものは少なくなります。豊富なデザインから選べるのはだいたい4.5mm程度までと考えてよいでしょう。3mm以上の太さがあれば、太い結婚指輪といえます。

指輪の存在感が欲しいという方の中には、太い指輪を好まれる方もいらっしゃいます。しかしながら、太いリングには、物に当たる面が広いため、キズや汚れがつきやすく見た目にも目立ちやすいというデメリットがあります。よって、細いリングを選べば、面が少ない分傷が目立ちにくいといえるでしょう。

デコボコのあるテクスチャータイプ

結婚指輪のデザインはいろいろありますが、傷が目立たないという点においては、デコボコのあるテクスチャータイプがおすすめです。その理由をご紹介していきましょう。

結婚指輪といえばシンプルデザインをイメージされる方も多いかと思いますが、そのような装飾の少ないシンプルな指輪は傷が目立ってしまいます。

幅の狭いものや彫刻が入ったもの、金属の表面をマット仕上げにしたもの、宝石を全周にあしらったエタニティリングなどは、生活の中で指輪についてしまう傷が目立たないのでおすすめです。ツルツルの表面だと、わずかな傷も目立ちますが、ある程度ランダムなテクスチャータイプは傷も隠してくれます。

テクスチャータイプは好みが分かれるデザインでもありますが、デコボコの凸部分がキズで曇ってきても、凹の部分は傷がつきにくいので、「輝きが長続きする」ことが特徴です。またこのデコボコが遠めに見るとダイヤが散りばめられているようで輝きを楽しむことができます。

傷つきにくい素材を選ぶ

結婚指輪を選ぶ時には傷つきにくい素材を選ぶことも重要なポイントです。ぜなら、結婚指輪は結婚が末永く祝福される事を願って、変わらない輝きと同時に素材の耐久性が求められているからです。では、どのような素材なら傷つきやすく、どのような素材なら傷つきにくいのでしょうか。

結婚指輪の定番素材であるプラチナやカラーバリエーションがあるゴールドは、傷つきやすく変色も起こしやすい金属です。

傷つきにくい素材を希望するのであれば、パラジウムやチタン、ステンレスなどの金属を選ぶのも一案です。ただし、これらの金属の場合、素材そのものに強度があるため、将来的にサイズ直しなどの対応が難しいこともあります。

どんな素材の指輪でも、毎日つけていることでどうしても細かな傷はついてしまいます。少しでも劣化を防ぐなら家事をする際や重い荷物を持つ時は外すようにしましょう。

どのデザインの結婚指輪でもアフターサービスの確認する

日常的に身につけ、長く使用する結婚指輪は、いつまでも美しい状態で保ちたいものです。そのために、定期的なケアや購入後のアフターメンテナンスは欠かせません。ですから、結婚指輪を作る際には、アフターサービスが充実しているかどうかを必ず確認するようにしましょう。

アフターメンテナンスとは、サイズ直しや磨き直し、クリーニングや修理などのことです。確認するポイントとしては、信頼できるかどうか、長くお付き合いできそうか、あとはケアにかかる料金の設定、保証期間などです。大切な、一生ものの結婚指輪に不具合があった時、すぐに対処できるよう、サービス内容を明確に理解しておくと安心です。

傷が目立たない結婚指輪のデザインで指輪を作る

結婚指輪は毎日つけることにより、どうしても傷が入ってしまいがちです。できるだけ美しい状態を保つためには、傷が入りにくい素材を選んだり、傷が目立ちにくいデザインをおすすめします。
どのような指輪を選んだとしても、定期的にお手入れをし、プロのメンテナンスも受けることで、作った時の美しい状態を保つことができます。指輪を作る際はアフターサービスの充実度も視野に入れておきましょう。