結婚指輪・婚約指輪のおすすめ店舗ランキング > お役立ちコラム > 結婚指輪の珍しい刻印はどんなものがあるのか

結婚指輪の珍しい刻印はどんなものがあるのか

珍しい刻印がある指輪ってどんなものがあるの?

結婚指輪は新郎新婦おふたりの愛の証であり、二人だけのオリジナリティあふれるものにしたいと考える方も大勢いらっしゃいます。二人らしさを演出するもののひとつに、結婚指輪の刻印があります。結婚指輪にはどのような刻印があるのでしょうか。

これから指輪を作ろうと検討している方のためにいろいろな例をご紹介していきましょう。

刻印のある結婚指輪にも、さまざまな種類がある

〇似顔絵や風景などの絵
結婚指輪の刻印は、基本としてはイニシャル、日付、簡単なメッセージなどが一般的です。従来であれば「Forever love(永遠の愛)」などといった短い英文がほとんどでした。その理由としては、指輪の裏側という細く狭い部分に彫ることができる文字というのは、1文字1文字もあまり複雑でなく、字数も限られていたからです。
しかし、最近は、レーザーで刻印できるようになったので、文字以外にも風景や絵なども刻印することができます。
二人の指輪をあわせて風景や絵などを刻印して、二つをあわせるときちんとした風景や絵ができあがるといった指輪を作ることも可能です。


〇ドイツ語やフランス語など他の言語
一般的に英語の刻印が好まれますが、フランス語やドイツ語なども選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。

フランス語の場合、「永遠に、いつまでも」という意味で「Pour toujours.」と書きます。ドイツ語なら「あなたは私の宝物」という意味で「Du bist mein Schatzt」です。
二人が好きな国があるなら、その国の言葉を刻むのもよいでしょう。大事なのはどんな意味を刻むかです。文字数制限を考慮して、二人の記念になる言葉を入れましょう。

〇お互いへのメッセージ
ニ人のイニシャルや名前、結婚記念日、挙式日 …このような刻印が一般的ですが、とオリジナルのデザインにしたい人は、お互いへのメッセージを刻印するのはいかがでしょう。

何十年も使うお揃いのアイテムだからこそ結婚指輪もそして刻印も大切に決めたいものです。たとえば、結婚記念日や10年後などといった未来に、ふたりで指輪の内側を見て、結婚当初の気持ちを思い出すというのも素敵です。


〇「指紋」や「家紋」
先のもあげたように、最近ではレーザーで刻印を入れることができるので、とても細かい刻印が可能になりました。そこで注目されているのが、家紋の刻印です。
家紋の刻印は歴史好きな人にはぴったりです。人と同じようになってしまいがちな結婚指輪の刻印も、家紋をいれることでオリジナリティがでます。
また、お互いの指紋を入れるという方もいらっしゃいます。ぱっと見は何かわからない、おふたりだけの秘密であるということでも人気を集めています。


〇歌詞
オリジナリティを出すためのアイデアとして、メッセージの代わりに歌詞を刻印する方もいます。
もちろん、刻印に入れられる文字数に制限はあるので、その点は注意が必要ですが、二人の記念になる歌詞を二人の指輪を揃えれば、歌詞としてつながるようにできます。
歌詞以外に、プロポーズの言葉や、相手への感謝の言葉もよいでしょう。レーザー刻印であれば、画数の多い漢字を入れることも可能な場合がありますので、日本語のメッセージも検討されるとよいでしょう。

結婚指輪の刻印は、自由な発想で

結婚指輪の刻印は、レーザーによる技術により、今や入れられる内容の幅が大きく広がりました。自身で描いたイラスト(似顔絵や思い出の地の風景など)や、家紋、指紋、思い出のメッセージなどを入れる方も増えています。
結婚指輪を手作りするのなら、自由な発想でお二人らしい刻印を考えてみてはいかがでしょうか。