結婚指輪・婚約指輪のおすすめ店舗ランキング > お役立ちコラム > ブランド物の結婚指輪で人気のシークレットストーンとは

ブランド物の結婚指輪で人気のシークレットストーンとは

ブランド物の結婚指輪で人気のシークレットストーンとは

特別な結婚指輪が欲しいあなたに最適なアレンジがあることをご存知ですか?結婚指輪の内側にダイヤモンドなどの宝石を留める、「シークレットストーン」あるいは「インサイドストーン」と呼ばれるものです。外から見えない宝石という秘密を知るのは、結婚する二人だけ。そんな秘密を共有することで、結婚指輪はより特別な物になるのです。そんなシークレットストーンについてご紹介していきましょう。

「シークレットストーン」や「インサイドストーン」とは

シークレットストーン(インサイドストーン)とは、結婚指輪の内側に、ダイヤモンドなどの宝石を留めることをいいます。内側に埋め込まれた宝石は、指輪を指にはめてしまえば外から見えることはありません。つまり、その存在を知っているのは結婚する二人だけという、まさに「シークレットストーン」、秘密の宝石となるのです。

このように、シークレットストーンというアレンジは、特別な結婚指輪を求める人の願いを叶えてくれるものです。二人だけの思いを込めた秘密の宝石は、より特別な意味合いを結婚指輪に持たせてくれることでしょう。結婚指輪を作る際には、シークレットストーンを埋め込むかどうか、ぜひ検討してみてください。

指輪の内側に留めお揃いの宝石をつける

シークレットストーンはお互いの誕生石を入れるという方がいます。中には「サムシングブルー」のアイテムとしてブルーダイヤを入れる方もいます。花に「花言葉」があるように、宝石には「宝石言葉」もありますので、そういった点から内側に埋める宝石を選ぶ方とよいでしょう。しかし、「指輪の内側に石を入れて大丈夫なのか」という疑問をもつかたもいます。例えば「内側に石があることで痛みを感じるのではないか」という心配ですが、内側の石は、付け心地も考慮し、基本的にアームに埋め込むので、違和感を感じることはありません。

ただし、「石が取れたり傷んだりしないのか」という心配については注意が必要です。というのも、内側の石の周りに汚れがたまると取りにくくなるからです。汚れを防止するためには、料理などをするときは指輪を外したほうがよいでしょう。

誕生石はシークレットストーンとしても人気

結婚指輪をより特別な物にしてくれるシークレットストーンで人気があるのは誕生石です。結婚指輪に、より特別な意味合いを持たせたいなら、ぜひ検討してほしいアレンジといえます。
誕生石は身につけることで幸運をもたらしてくれるという考え方があります。この誕生石によるアレンジを、多くのブランドが採用していることからも、その人気がうかがえます。ご自身の誕生石とパートナーの誕生石、両方を指輪の内側にあしらって、いつも二人が一緒にいるように仕上げるのもおすすめです。
それぞれの誕生石の意味については、こちらの記事でも紹介しています。
http://handmadering-ranking.com/column/stone/

指輪の内側は、ハンドクリームや皮脂などで汚れやすい

結婚指輪に素敵な意味を持たせてくれるシークレットストーンですが、意外と汚れやすいということにも注意が必要です。というのは、指輪の内側は、ハンドクリームや皮脂などでとても汚れやすい部分だからです。
では、指輪の内側およびシークレットストーンが汚れたら、どのようにお手入れすれば良いのでしょうか。市販の汚れ拭きで拭き取ってしまうと、汚れ拭きに含まれる研磨剤により宝石が傷ついてしまう恐れがあります。そのため必ず宝石専用のクロスを使い、宝石を傷つけないよう優しく撫でるように磨きましょう。

ただ、定期的にお手入れをしていても、素人によるお手入れには限界があります。数年に1度はプロにメンテナンスを依頼し、傷や汚れの状態に合わせて汚れ落としや研磨をしてもらう事をおすすめします。そうすることで、作ったばかり輝きを取り戻す事が可能です。お店によっては、長期間のアフターケアを行っているところも多くありますので上手に利用するといいでしょう。

今人気のシークレットストーンを楽しむ

結婚指輪にいっそう特別な意味を持たせたいという方に人気のアレンジ方法のひとつに、「シークレットストーン」があるということをご紹介してきました。「シークレットストーン」は「インサイドストーン」と呼ばれることもある宝石で、指輪の内側に埋め込む宝石のことです。

シークレットストーンには、ダイヤモンドはもちろんのこと、誕生石などを用いるのが人気です。

指輪の内側というのは意外と汚れやすい部分ですから、宝石専用のクロスでお手入れするほか、定期的にメンテナンスに出すことで長期的に美しさを保てます。指輪を作る際にお手入れについても確認しておくと安心です。