結婚指輪・婚約指輪のおすすめ店舗ランキング > お役立ちコラム > 手作りの結婚指輪の耐久性は大丈夫?気になる手作り結婚指輪について教えます

手作りの結婚指輪の耐久性は大丈夫?気になる手作り結婚指輪について教えます

手作りの結婚指輪の耐久性は強い?

結婚指輪の新しい人気スタイルといえば、手作りの結婚指輪をするというスタイルです。

一生の記念に残る結婚指輪を手作りするというのは魅力的ですが、耐久性に問題はないのでしょうか。

ご心配な点を解決していきましょう。

手作りの結婚指輪を作るための基礎知識

〇一般的なジュエリーと耐久性は同じ
ジュエリー、特に結婚指輪を手作りするというカップルも増えてきているなか、手作りにすると耐久性が心配だという方がいらっしゃいます。しかし、ご安心ください。手作りも既製品もどちらも同じ製法で作るため、手作りか既製品かの違いで耐久性に違いが出ることはほとんどありません。少し詳しくご紹介してみましょう。

指輪を手作りする際は、ロストワックス製法(鋳造製法)という製法で作ることがほとんどです。この製法はプロの職人が行う方法と同じ製法なので、耐久性は市販されている既製品と同等となり特に心配する必要はないのです。

なお、指輪の耐久性を決める大きな要素は手作りか既製品かではなく「素材」です。指輪を手作りする際には、耐久性に優れていて加工もしやすいプラチナやゴールドの素材を選ぶことをおすすめします。


〇極端に細く薄いものでない限り、結婚指輪を手作りしても耐久性は心配ない
結婚指輪を手作りする際に、耐久性が心配だからといって、好みではないのに幅の太いデザインの指輪を作ろうとする方がいます。しかし、耐久性という意味では、手作りも市販のものも変わりありません。

ただし、極端に細いデザインの指輪にすると、耐久性は低くなります。幅が細くて薄めの指輪は指に上品ですっきりした印象を与えますが、重いものを持ったときなどに変形しやすいなどの心配があります。ですから、指輪に耐久性をある程度持たせたい場合には、手作りや既製品に関わらず、細すぎないデザインにするとよいでしょう。どの程度の薄さ、細さなら大丈夫なのか心配だという方は、相談してみると安心です。


〇自由なデザインの指輪を作ると約1~2ヶ月で完成する
結婚指輪を手作りするというのは、具体的にはどのような作業をすることなのか、ご紹介していきましょう。

指輪の作り方は、大きく分けて2種類あります。最初にワックス型で原型を作る鋳造製法と、金属を叩いて伸ばしたり曲げたりして作る鍛造製法の2種類です。はじめから金属を叩いて伸ばしていく製法よりワックス型を先に作る製法の方が、より自由なデザインの指輪を作ることが出来ます。ロウ素材のチューブワックスを切ったりワックスに模様を彫りこんだりして原型を作っていくので複雑なデザインにも対応できますし、最初から直接金属を加工するわけではないので、ワックス型の原型作りに失敗しても何度でもやり直しが出来るという利点もありますので、結婚指輪を手作りする際にはおすすめの製法です。

ワックス型から作る指輪は、通常1~2ヶ月で完成します。しかし、デザインの自由度が高い分、複雑なデザインになってしまう場合もあり、そういった場合には2ヶ月以上かかる場合もあるので、デザインが決まった時点で完成までの期間を確認しておくことが大切です。挙式の日程が決まっているなら、予めお店の人に伝えておいて、間に合うように調整してもらうとよいでしょう。
す。


〇専任のスタッフがサポートしてくれるので安心
結婚指輪や婚約指輪を自作にして世界に1つだけのオリジナルのものにできたら素敵です。しかし、結婚指輪となると一生モノの指輪なので、もし上手くできなかったらという不安を持つ方もいるでしょう。しかし、そんな人でも工房に行けば、専任のスタッフがしっかりとサポートしてくれますから安心です。

ロストワックス製法で自由に指輪の原型を作る方法では、難しい工程や細かい作業は職人が手伝ってくれ、仕上げもしてくれます。金属から作る場合は、金属を叩いたり、削ったり、溶接などを体験という形で職人とともに作成できます。指輪に入れる宝石の相談も可能です。手厚いサポートがあるので手作り指輪も安心して制作できます。

手作り結婚指輪でふたりの絆をさらに深めてみては

結婚指輪を手作りするというと、難しいイメージを持つ方も多くいます。しかし、ご紹介してきたように、専門の工房でサポートを受けながら手作り体験をすることができますし、ワックス型を用いれば自由にデザインを考えることもできます。手作りだからといって耐久性が劣る心配もありません。一生にいちどの結婚指輪ですから、お二人で手作りをして、絆をさらに深めてみてはいかがですか。