結婚指輪・婚約指輪のおすすめ店舗ランキング > お役立ちコラム > 結婚指輪を手作りする手順を教えます

結婚指輪を手作りする手順を教えます

最近は手作りの結婚指輪が人気

最近注目されているのが、手作りの結婚指輪です。具体的に結婚指輪はどのような手順で作っていくのかを知ることで、その他の準備も安心して取りかかれます。

ここでは詳細についてご紹介します。

手作りの結婚指輪の作成手順

〇リングを手作りする場合、平打ち製法と鋳造製法のどちらの製法を選ぶ
一言で手作りリングといっても、製法には「鍛造製法(平打ち製法)」と「鋳造製法」があり、どちらの製法を選ぶかによって作り方が大きく違ってきます。

鍛造製法は金属に圧力をかけたり叩いたりすることで、金属を伸ばしたり曲げたりして指輪を作る製法です。表面が平らな平打ちリングは主にこの製法で作られており、複雑なデザインの指輪を作ることは難しいですが、強度のある指輪を作ることができます。
また、鍛造製法にも「自由鍛造」と「型鍛造」があり、自由鍛造は金属を叩いて伸ばしたり曲げたりしてリングの形を作ります。型鍛造は素材に圧力を加えて板状にするところまでは同じですが、そこからプレス機で金属板をドーナツ状に打ち抜き形を整えていきます。

一方で鋳造製法はワックスで型を作り、そこから鋳型を作って石膏を流し込んで型取ります。そしてワックスを熱で溶かして金属を流し込み固めて作る製法です。この製法はワックスで型を作るため複雑なデザインの指輪の製造が可能になります。

手作りリングを作る際には、まず鍛造と鋳造どちらの製法で作りたいのか、または希望するデザインや強度の指輪を作るにはどちらの製法が良いのかを決め、希望の製法で作れる工房を探すことをおすすめします。


〇平打ちリングの製作手順
結婚指輪などでよく見る、板状の金属を丸めたシンプルな指輪のことを「平打ちリング」といいます。ここでは、平打ちリングの作り方をご紹介します。

平打ちリングを作るためには、まず、板状かつ棒状の金属板を細く伸ばします。それを指のサイズに合わせて丸めて両端をロウで接着します。この地金同士の溶接の事を蠟付け(ろうづけ)と言います。一度溶接すると小さくサイズ直しすることが難しいので、初めは希望のサイズよりも大きめに丸くします。溶接後にヤスリで磨きをかけ、完成します。

細かい注意点も少し挙げておきましょう。たとえば蠟付けは、金属により溶解する温度が異なるので、金属よりも低い温度で溶けるロウを使います。その際なるべく金属本体の融点に近くて溶けにくいロウを使う事で、ロウ付け箇所の変色や強度が強くなります。実際の作業は、金属同士の端にフラックス(はんだ付けの促進剤)とロウを塗り、合わせた口の隙間に挟み込んで、酸素バーナーの炎でロウを溶かします。更にフラックスとロウを酸で洗い継ぎ目にヤスリをかけます。ロウの跡が消えたら成型です。リングの上下を入れ替えながら、木槌で軽くたたいて真円にします。叩きすぎると、指輪のサイズが大きくなるので注意が必要です。リングサイズを確認して、希望のサイズになっていれば完了です。指に着けて微調整しながら、ジャストサイズのリングを目指します。ヤスリは押したときによく削れるので、しっかり板に固定するとよいでしょう。


〇ワックスに模様を彫り、ワックスを仕上げて鋳造する
金属製品を作る時の製法の一つに鋳造というのがあります。これは溶かした金属を予め作っておいた型に流し込み、凝固したら型を壊して中の金属を取り出します。これによって思い通りのデザインの金属製品が作れます。現在、婚約指輪や結婚指輪などのほとんどがこの製法で作られています。このような製法の中でも一般的な製法がロストワックス法と呼ばれているものです。

ロストワックス法では、ワックスに思い通りの模様を彫ることからはじめます。それを職人が仕上げ、砂や石膏で周りを固めて型を作ります。それが固まると過熱して中に閉じ込められたワックスを流し出します。これで型が完成で、一般的な製法と同様に金属を流し込みます。金属が固まれば型を壊すと、中からほぼ完成に近い指輪が登場します。これを職人が研磨などで仕上げると、デザインした通りの指輪となるのです。


〇部分作業コースか全部の工程が体験できる全工程コースか選べる
手作り結婚指輪の作業工程をご紹介しましょう。
まず、デザイン画を描きます。次に、新郎新婦お二人様分のプラチナをご用意して溶かします。プラチナを叩いて育てる鍛冶作業のあと、1つの塊から二つに分けます。一人分ずつになったプラチナ板は、丸めて指輪の形にしてロー付け(溶接)をします。そして、ヤスリを使って指輪全体を削っていきデザインを生み出します。多彩な工具を使い分けて磨くことで、結婚指輪が完成します。

結婚指輪の手作りは、すべてプロに依頼することもできますが、実際に体験することも可能です。
工房によっては刻印や型作りのみを行う部分作業コースか、全部の工程が体験できる全工程コースか選べる場合があります。
詳細については、各工房に問い合わせて確認をしましょう。

手作りの手順を知ることで計画的に準備ができる

結婚指輪の製造工程は多岐にわたっています。自分自身ですべて手作りをしたい方もいれば、作る作業はプロに依頼するという方などニーズは様々です。二人で相談して、時間や労力も考え、二人の記念になる手作りの方法を選んでみてはいかがですか。