結婚指輪・婚約指輪のおすすめ店舗ランキング > お役立ちコラム > 手作りの結婚指輪の気になる強度について

手作りの結婚指輪の気になる強度について

手作りの結婚指輪の気になる強度について

「世界にひとつだけの結婚指輪を作りたい」と願うカップルの方は少なくありません。
そんな方々に注目されているものとして手作りの結婚指輪があります。
一方で、この先ずっと使い続ける結婚指輪なのに、素人が手作りしても強度は大丈夫なのだろうかと心配される方もいらっしゃいます。
ここでは、手作りの結婚指輪の気になる強度についてまとめていきましょう。

結婚指輪の強度はだれが作るかではなく素材によって強度が違う

最近は結婚指輪を手作りするカップルが増えてきていますが、手作りだと強度が落ちないかと心配する人も多いと思います。
しかし、指輪を手作りする際、ほとんどの場合はロストワックス法というワックスを使って原型を作って指輪を作成する製法が取られており、この製法はプロの職人と同じ製法なので強度はもちろん、クオリティも既製品と変わることはほとんどありません。

指輪の強度は手作りか既製品かではなく、素材で決まるのです。

結婚指輪の素材としては、加工しやすくてある程度強度があるプラチナやゴールドがおすすめです。
プラチナやゴールドといっても、いずれも純粋なものではなく、指輪に適した強度や色にするために他の金属を混ぜた合金となっています。
また、ゴールドはピンクゴールドやホワイトゴールド等の種類があり、それぞれ強度や特徴が違います。
強度を重視して指輪選びをしたい場合には、素材に注意して選びましょう。

「鍛造」という金属を鍛えて強度を高めながら成形する

結婚指輪の手作りとは、具体的にはどのようなことをするのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

一般的な手作り結婚指輪は大きく分けて「ワックスで原型のみをつくる鋳造」、「決まったデザインを鍛造でつくる」2つに分かれます。

鋳造の場合、デザインの幅は広がるものの強度や品質は下がります。

一方、鍛造は強度がありますが、作るのが難しいために角を丸くするか鎚目をいれるかのみのアレンジしかできない場合がほとんどです。鍛造はプラチナやゴールドなどの金属をローラーで延ばしたり、ハンマー等で叩いて成形する製造法です。これらをすることで、金属内部に出来た細かな空洞を圧着させ密度を上げ、金属の強度を高めることができる古くからある伝統的な製法です。

原型を作る工程ではプロの職人がサポート

結婚指輪を手作りしたいと思ったら、完全オリジナルでサポートしてくれるアトリエがおすすめです。アトリエでは具体的にどのようなことができるのかをご紹介していきましょう。

手作りの結婚指輪は、原型から制作するので、デザインの自由度が高くこだわりが表現しやすくなります。

指輪が完成するまでの流れは、プロのスタッフが細かく、お二人のご要望を聞くところから始まります。デザインが決まったら、 ワックスというロウ材を削り、指輪の原型を作ります。 鋳造を経て金属になり、研磨・石留め・刻印などの工程を経て、指輪が完成します。
指輪を作ることは、ほとんどの方にとって初めての経験です。プロの職人がマンツーマンでサポートしてくれるので手先に自信のない方も安心して挑戦できます。アトリエによっては世界的に有名なデザイナーがサポートしてくれる所もあります。

納品はデザインや加工、アトリエによっても少し異なりますが、3週間~1ヶ月半が目安です。挙式日まで、ゆとりをもって結婚指輪づくりに臨みましょう。お二人と寄り添う大切な指輪ですから、あなたにあったアトリエを見つけて手作りの指輪を作成しましょう。

手作り結婚指輪の強度はプロのアドバイスがあるから安心

世界で唯一の結婚指輪を作りたいと願い結婚指輪を手作りするカップルが増えています。手作りへの憧れと同時に心配なのが、手作りでも強度は大丈夫なのかという点でしょう。しかし、手作りだからといっても基本的にはプロが作成する手順と同じ手順を採りますので、強度に変わりはありません。また、結婚指輪を作る手順としては、鋳造(ロストワックス製法)か鍛造になりますが、よほど複雑なデザインでない限り、強度に大きな差は発生しません。手作り結婚指輪に対応しているアトリエを探し、おふたりだけの結婚指輪づくりに挑戦してみてはいかがでしょうか。